高血糖高浸透圧症候群とは、高血糖が原因で体内の水分が不足することによって、激しい血糖値の上昇や脱水を起こしてしまう状態のことをいいます。 以前は、場合によっては昏睡状態に陥ることから、非ケトン性高浸透圧昏睡と呼ばれていました。 高血糖高浸透圧症候群の症状は、以下の通りです。 ・意識障害 ・多尿 ・体重減少 ・倦怠感 ・口の乾燥 ・頻脈 高血糖高浸透圧症候群になると、このような症状が現われます。 この中でも怖いのが、意識障害です。 脱水が酷い場合は昏睡状態になってしまい、命を落とす危険もあるため、早めに適切な処置を受けないといけません。 特に、脱水症状になりやすい高齢者に多く見られる症状なので、こまめに水分補給をする必要があります。 また、意識障害を起こしてしまうと自分で病院に行くことができませんから、周りの人に高血糖だということを伝えておくことが大切です。 そうすることによって、自分の身に何かあった場合にも、すぐに対処してもらうことができるでしょう。